information

お問い合わせボタン

病院に行っても家にいても改善しない五月病と頭痛の原因

五月病と頭痛が同時に出る理由とは?(当院の症例)

当院の一番多い症例、代表的なケースをあげてみます。
毎年、5月になると必ず増える60代前後の女性の頭痛。しかも、近所のおかあさんがほとんど。

なぜ、5月なのか?皆さん、よくよく話を聞いてみるとご主人の定年が原因だそう。「旦那が定年になってずっと家にいるの。。。」「ウチの主人、仕事人間で趣味もなくずっとウチにいるの」「旦那がウチにずっと家にいて頭痛くなっちゃう」など。

どうもおかあさんご自身が原因ではなくご主人が原因のように聞こえます。ニッポン男児さみしい限りですね。しかし、実際に私の両親、かみさんを見てもそうですが、旦那さんの言動、行動が原因で奥さんが頭痛になってしまうのもわかる気がします。パンジー

確かに世の旦那さんは外で仕事して、おカネも 持って帰ってきてすごいと思います。しかし、会社で嫌な事あった時は帰りに一杯飲んで「会社が悪いのよ」とか愚痴を言い合ったり、帰宅してからは奥さんについ当たったり。

それじゃ奥さんもたまりません。そんな状態で旦那さんが定年後、仕事がなくなり家で茫然自失になってしまう。奥さんとの時間がいきなり出来る。奥さんはたまったもんじゃありません。

昔流行ったCMの「亭主元気で留守がいい」は本当にその通りです。こんな精神状態では奥さんは疲れ果てて姿勢が悪化。首をガクッとうなだれて、じわじわと首の筋肉が固まり頭痛になってしまうのです。

病院でもらった頭痛薬で良くならない理由とは?

そもそも頭痛薬はどんな効いたとしてもそれは痛みを感じなくさせてくれてるだけで頭痛の根源の改善にはなっていません。その原因はご主人と仲良いかどうか?それも関係してるのではないでしょうか?

夫婦関係が原因の可能性もゼロではないと考えます。そう言った意味ではご主人に趣味とか何か楽しみを持たせて視野を家庭以外に向けさせるとご主人のストレス解消にもなり奥様の体調にもいいと思います。

趣味を持ったご主人は自宅にこもる事も少なくなり気持ち的に発散出来て定年後も楽しめるようになります。まずはそういった原因をなくしていきましょう。趣味をやればと言って怒る旦那さんはいないと思います。

私の周りですとリターンライダーと言って昔、20代で乗ってたバイクを定年後に復活するお父さんも少なくないようで。これなんかはとてもいいケースですね。新聞やニュースでも「何十年ぶりにバイク復活だよ!」って中高年が少なくなく皆さん定年後の生き甲斐を見つけたなんて事も。。。

下の写真は私の友人、患者さんでもある青色親父さん。生粋のバイク乗りでチョーベテランです。とてもエネルギッシュなお友達ですね。k1

私もバイク大好きなんですけど、事故だけは本当に気をつけないと。。。(^^;)

ストレスは薬で良くならない

私も頭痛で悩んでた15年前、ストレスが原因とドクターから診断され地元の浦安で心療内科に3年通いました。薬

デパス、ドグマチール、パキシルなど心療内科の薬だけで3種類飲んで、薬が効いてる6時間位は調子いいのですが薬が切れると頭痛と不安感が襲ってきます。結局、頭痛は全く改善されませんでした。

整体で5月病と頭痛を改善する

ご主人に趣味を始めるのをすすめる事はとてもいいのですが、それ以外、あなたご自身も健康でなけれはいけませんし必ず原因があるはずです。整体で頭痛の原因をチェックしてご主人のせいにするだけでなく自分も健康になりましょう。

キッチンドリンカーなどアルコールに逃げる事のないようにしたいですね。キッチンドリンカー基本、頭痛治療が得意な治療家の先生はメンタルケアも得意な方なので一応、問診等で伝えた方がいいです。重度のうつ病でもない限り相談に乗ってくれるかもしれません。


ご予約・お問い合わせは、今スグこちらから!

電話番号 0120-007-516
お問い合わせをお待ちしております。 →メールでのお問い合わせ


ページトップに戻る