患者さんと向き合う

こんにちは。世界中の頭痛で悩む子供達とママを頭痛専門療法「カツミメソッド」で救う本屋勝海です。

今日は、今朝ほど病院で診察を受けて、自分は大事な事を忘れてないか?と感じた事について書きたいと思います。

持病の高血圧


僕は二十歳位から血圧が高く、ドクターから、お母さんがめちゃくちゃ高いので遺伝だと言われました。

二十歳からあった頭痛は35歳で爆発。精密検査の結果、頭痛の原因は高血圧だと。

降圧剤を飲んでくださいと言われてもう17年飲んでいます。

この高血圧、心因性のもの、つまりメンタル部分が大きく影響し、僕の場合、プライベートで心配事、仕事で心配事があると一気に血圧が上昇する。そして睡眠不足も原因。

プライベートでは、それこそ家族が体調壊したり、東日本大震災で自宅が被災した時は、この先どうしたらいいかわからず血圧がマックスに上がりました。

仕事ではどうか。。。寒い時期、梅雨時など頭痛が悪化しやすい季節になる。

患者さんを救うんだとの思いが強くなるのか血圧が上昇する。ところが治って笑顔を見ると安定する。

そして、今朝いつもの病院に血圧の薬をもらいに行き少し高めだった。

年末から少し高い時があってどうしたもんかと。。原因はストレス、万年寝不足なのはわかっていた。

問診

僕は3週間に1回、病院で診察を受けるようにしている。血圧測定し、寝不足を気をつけるようにドクターから指示。

しかし、終電で帰宅する事が多い事を伝えると。。。なんとドクターは僕の仕事を知らなかったことがわかった。

「先生、僕は小児頭痛と群発頭痛専門の整体やってるんです」ドクターが唖然とした顔。僕も唖然としてしまった。

僕がちゃんとドクターに整体やってるって言ってなかったわけです。これじゃ、ドクターに僕の生活習慣どこがいけないか教えてくださいと言ってもドクターだって在り来たりの事しかアドバイスできないですよね。

その後、ドクターから「そんな大変な仕事されてると知らずでした。睡眠時間を6時間しっかり取ってください。それでもまだ血圧が高い場合、また考えましょう」

この病院には23年通ってるけど初めてちゃんドクターと向き合って話せたかも?すごい嬉しかった。

僕は患者さんと向き合ってるだろうか? 今後の課題だ。

5月の営業カレンダーです

なお、6月より土日営業、定休日を毎週火曜日、第1、第3月曜日とさせていただきます。

The following two tabs change content below.
世界一の頭痛スペシャリスト  趣味は、バイク・空手・カメラです。 「僕の信念」 ・この世から群発頭痛を撲滅する ・小児頭痛に悩む子供達を年間300人救う