日本一のランチ会が終わって5日。自分はどう変わったか?

こんにちは本屋です。頭が痛くて学校に行けない子供達を頭痛専門療法「カツミメソッド」で救う「世界一の頭痛スペシャリスト」本屋勝海です。
7月4日の「日本一のランチ会」主催から5日経ち、沢山のメッセージをいただきました。

メッセージありがとうございます

○過去参加したランチ会で1番良かったランチ会&ワークでした。

○本屋先生、とても価値のある時間を提供して頂き、ありがとうございました(^^)

○本屋先生、素敵な会のご縁いただきありがとうございます。美味しいランチとお話でお腹も頭も満腹です。

他、多数いただきました。ありがとうございます。

挨拶はここまでにして、今日は、主催した僕がこのランチ会でどう変わったか?を書きます。

広島ランチ会が人生の転機となった


去年の10月の広島ランチ会で、多くの人と出会いました。レノンリー先生によるスピーチ。このスピーチを聞いた事により、即実践。ここが大事。

そのおかげで施術の効果が抜群に上がりました。

ところが、ここ一か月、広島から半年以上経ってその教えを忘れてきてしまってるのか?施術効果が下がりはじめてるのを実感していました。

ランチ会後のワークが大事

それが、今回のランチ会の後のワークを受けて変わった。ランチ会はワークに出てこそ効果が抜群に出ます。これ出ないとホントにもったいない。

横川さんが礼、挨拶の仕方、掃除の大切さを伝授。これって広島ランチ会、宮崎ランチ会のワークで教わったことだ。なんか半分くらい忘れてしまってた。

ランチ会終わって大掃除


治療院の入り口とサッシを大掃除。去年までは週一でやってたのに今年は月一回やってたかどうか?
ピカピカになったレール

1時間ほどで掃除が終わって気がつくと土日は連日の満員御礼となりました。
横川さんがランチ会後のワークで何を伝えたかったか?商いの基本は「掃除」。そこ忘れてないかい?と言うメッセージだったのでは?

帰宅後、この日は自分へご褒美と刺身とポン酒で乾杯となりました。

以上、次回は患者さんの声を公開します。
(^。^)