かつみカイロの患者さん第1号 楳原様 千葉県八千代市

こんにちは頭痛専門 かつみカイロ整体院の本屋勝海です。今日はかつみカイロのヒストリーを 笑。

カルテナンバー001


僕が整体師になった2002年4月。人生で初めて治療したのが写真の楳原浩司さん54歳。なんと18年通われてる方です。

楳原さんは毎月ギックリ腰をやるひどい腰痛持ち。30代半ばで病院で「あなたの背骨は70代です」と診断され人生に絶望したとおっしゃってました。

Wワーク


楳原さんは僕が整体で喰えない時代にWワークでやっていた東京都のゴミ屋さんの同僚。

僕は2002年から2009年まで朝は清掃車で東京都内の都立高校、私立高校、支援学校の可燃ごみ、不燃ごみの収集。夕方4時から整体という生活を7年も続けてました。

ふと、思ったのはこの時、学校周りを会社に言われたときすごい嬉しかった。子供達と触れ合えるって。子供専門で整体やる基本になったのはもしかしたらこの経験が生きてるかも?

初めての治療

ホームページから抜粋。


大川カイロプラクティック学院に入学して数ヶ月。当時は腰痛をメインで勉強していたので試しに腰の治療をした。60分くらいかかったか?「痛くない!え?なんで?あんなに痛かったのに。。。」

それからは毎週1回治療するようになりました。開業してからも千葉県八千代市から往復4時間かけて来院です。本当に感謝しております。

新年会


そんな感謝感謝の楳原さんとは、毎年二人でお礼の意味もあり新年会。

先週土曜日も行徳の繁盛店「どさんこ娘」で乾杯。今年1年の目標を話しました。

初心忘るべからず

今では、東京で頭痛と言ったら「かつみカイロ整体院」と言われているようですが、初心忘るべからず、患者さんに初めて治療したときの気持ちを忘れないよう日々精進していきます。

[no_toc]