3.11から9年。

こんにちは。頭痛整体 かつみカイロ整体院の本屋勝海です。震災から9年。「あの時、あなたはどこにいましたか?」

僕は修業先の壮快カイロプラクティックで施術中でした。家族はみんな無事でしたが、浦安の自宅は液状化でやられた。泥と傾いた郵便ポスト。[caption id="attachment_10177" align="alignnone" width="680"] そして、僕自身がこの時からいい意味でも悪い意味でも大きく価値観が変わりました。 この写真は治療院から撮ったスカイツリー。まだ工事中だった。

ボランティアに生きがい


それまで、寄付、支援、ボランティア活動など無縁、キョーミがなかった。しかし、人間は変わるんですね。それからは、石巻市にがれき撤去の震災ボランティアを2回。

夜行バスで道中、腰痛めて高速道路のサービスエリアで自分で自分の腰を治したりした。

たった2ヶ月で復活したTDL

ディズニーランドの駐車場は車が沈没するほどだったがたった2ヶ月で何事もなかったように復活した。すごいです。

浄財


その後、子ども兵を地雷から守るボランティア団体【テラ・ルネッサンス】の創始者 鬼丸昌也さんと出会った。感動して毎月浄財することにしました。

基本的にはかつみカイロの毎月の売上1%を寄付するスタンスで続けています。そして去年の11月からは2%にしてみた。

3年前、経営の師匠 國武栄治会長の出会い、伝説塾へ入塾。会長が支援されてる震災で被災した気仙沼の子供達を救う【スマイルフォージャパン】に参加。

このボランティアは都内の居酒屋などで会費8,000円(4,000円を寄付)で参加できる画期的なシステム。飲んで食って半分は寄付するカタチです。強面のおじさんばかりだけど心はめちゃ優しいのです。

いろいろあった震災から9年。これからも志をもって【頭痛整体 かつみカイロ整体院】を続けていきます。

私の志


「私の志は頭痛に悩む世界中の子供達とママを救い家族を幸せにすることです。」

[no_toc]